iPhone画面割れが起こったらすぐに業者へ|短い時間で直る

あるととても便利

スマホカバー

iPhoneを使用している人はiPhoneケースを活用しましょう。そうすることで、本体を長持ちさせられるからです。故障から回避できます。バージョンによってサイズ違いがあるので、しっかり確認した上で選びましょう。

スマホには欠かせない物

カバー

スマホのケースは装飾品として、またスマホ本体を破損や故障から守るため利用している人が多いですが、iphone5sのケースは徐々に市場での在庫が少なくなっています。買い換えたり複数のケースを保有し着せ替えを楽しんだり利用目的は様々ですが、旧モデルとなった現在安価な掘り出し物に出会う可能性があります。

購入するときの注意

スマホケース

iPhone5cは他の機種と形や大きさが違うため、専用のケースのみしか使う事ができません。そのためiPhone5c専用のものを買う必要があります。iPhone5cのケースには様々なものがあり、画面を保護でき、カードを入れることができる手帳型が人気です。

どう直したいのかによって

スマホと工具

メーカー保証があるなら

iPhoneの画面は強化ガラスでできているため、傷がつきにくい一方割れやすいとも言われています。もし、落としてiPhoneの画面が割れてしまった場合は早めに修理するようにしましょう。たまにiPhoneの画面が割れたまま、使えるからとそのまま使用を続ける人はいますが、指を怪我したり他の部位まで傷んだりする可能性が高くなります。なのでiPhone画面割れの適切な処置は、まずiPhoneのデータをバックアップしておき、それからメーカーか街の修理屋さんへ修理を依頼します。このときにメーカー保証をつけている場合は、メーカーで修理したほうが安い場合が多いので、まずはメーカーへ問い合わせて見積もりをとりましょう。メーカーのiPhone画面割れの修理料金が高いと感じたら、街の修理屋さんのほうに出してもいいでしょう。

街の修理屋さんがある理由

メーカー保証をつけているならメーカーへ修理に出したほうが、断然安く直すことはできます。しかし、メーカーでiPhone画面割れを修理する場合は、混雑していると意外と時間がかかることも多く、店舗の無い地域だと郵送する手間もかかります。そこで、最近人気を集めているのがiPhone画面割れの修理に強い街の修理屋さんです。料金はメーカー保証より高い場合もありますが、持ち込んだ場合にはすぐに修理してもらうことができます。街の修理屋さんのiPhone画面割れの修理は非常にスピーディーな対応を誇っており、データが失われることもないのでバックアップをしておく手間を省くこともできます。これらの理由から街の修理屋さんは大変人気があります。